知覚と三原色

明るさが違う部分同士の隣接によって起こる対比の例として、暗い部分に接する点はより明るく、反対に明るい部分に接する点はより暗く見えるという影響が挙げられるでしょう。

つまり、隣合わせる色の間隔やサイズより大きく知覚されることがあり、これを「マッハバンド」と呼んでいます。

色と色を混ぜたら別の色になるということを「混色」と呼び、その種類は主に「加法混色」と「減法混色」という2種類の方法に区別されるようです。

加法混色というのは、明かりやディスプレイモニタなど、光を発する媒体を使用して色を混ぜることにより、次第に明るくなり、白に近づいていくという現象を指すようです。

一方、減法混色というのは、色付きフィルムを重ねたり、絵の具を混ぜていく時などに起こる混色と言えるでしょう。色を重ねていくごとに光を吸収してしまう成分が増えるため、色を混ぜていくごとに暗い印象になって生き、どんどんと黒に近づいていくという現象を指すようです。

上記の2種類の混色は、色の持つ明るさが反対の方向へと変化していくだけではなく、色味自体も変化していくとされています。

例えば、赤と緑を混ぜていく場合、混ぜる比率にもよりますが、加法混色での混色の場合は黄色、減法混色での混色の場合は黒に近い灰色になっていくとされています。

混色方法は、どちらの場合でも3色あればほとんどの色を作ることが可能とされており、このことを「色の三色性」と読んでいます。

また、混色では作れない色のことを「三原色」と呼び、この三原色を使って混色することにより、ほとんどの色を作ることができるとされています。

加法混色の三原色は赤・緑・青、減法混色の三原色は、シアン・マゼンタ・イエローとされ、各色の割合によって絵やその他の様々な色味を表現していると言えるでしょう。

ホームページ作成などの際、画面と印刷物などの違いを見てみると分かりやすいかもしれません。プリンタでは、この三原色の他に黒を使用しているものも多いでしょう。

Queen beeに見るホームページ作成のTOPへ戻る