ファイル名のルール

HTMLを使ってホームページを作成するときには、作ったファイルを保存しなければなりません。前提として、ファイル名には拡張子をつけて保存します。拡張子は、そのファイルがどんな種類であるのかを表す文字列です。ファイル名の最後についている「.css」や「.jpg」などが該当し、HTMLの場合は当然ながら「.html」にしなければなりません。ファイルを保存するときには、拡張子さえ合わせれば良いというわけではありません。まず原則として、半角英数字のみの使用となります。日本語でファイル名をつけてしまうと、その場では分かりやすいかもしれませんが、この後に保存を行うWebサーバーが対応外となってしまいます。そのため、初めの段階から半角英数字を使って保存をする癖をつけておけば安心です。また、半角英数字だからといって、すべての記号が使えるわけではありません。たとえば、スラッシュ(/)やコロン(:)、カンマ(,)、ダブルクォーテーション(”)などは保存ができません。基本的に使えるものは、ハイフン(-)と、アンダースコア(_)のみと思っておくべきです。空白のスペースも使うことができないので、区切りを行いたいときにはハイフン(-)を使いましょう。意外と間違いやすいのは、大文字と小文字です。Webページを閲覧する環境によっては、大文字と小文字を区別して違うファイルと判断してしまうことがあるようです。そのため、ファイル名はすべて、小文字で統一しておきましょう。ホームページを作るためのファイルには、細かいルールがさまざまにあります。基本的なルールを守った上で、どんなページ内容なのかがひと目で分かるファイル名をつけることが大切と言えるでしょう。