レイアウトと視線の動き

ホームページは、どんなレイアウトにするかによって、読みやすさやイメージが大きく変わってきます。必要な情報をどのような配置にするかをきちんと考えて、ユーザーに読みやすいと感じてもらう配置にする必要があると言えるでしょう。小説などであれば文章をそのまま読んでいけば問題ありませんが、ホームページの場合は画像などの配置も関わってきます。ユーザーが画面を見るときには、ある一定の「視線の動きの法則」があります。この動きは動線と呼ばれており、この動線を意識しながら配置をすると効果的です。まず、アルファベットのZの形になるような視線の動き方です。左上、右上、左下、右下という順番になっており、初めて訪れたサイトはこの動線になることが多いようです。もうひとつは、アルファベットのFの形になるような視線の動き方です。左上から右に向かって視線を動かしながら、視線を下げていきます。訪問が2回目以降のホームページや、情報量の多いホームページがこの動線になることが多いようです。ユーザーがどのような視線の動きをするかを理解した上で、ホームページのレイアウトを考えていきます。どちらの視線の動きにしても、まず初めに左上に視線が向きます。そのため、最も重要な情報は左上に配置する(目立つように配置する)ことが大切です。レイアウトについては、メインビジュアルを大きく表示させたページや、タイルのようにそれぞれのボックスになっているページなど、種類はさまざまです。自分が良いと思ったホームページを参考にしてみて、どんなレイアウトが見やすいのかを考えていきましょう。当然ながら正解はなく、ホームページが何を伝えたいのかによって変わっていきます。