ワイヤーフレーム

ホームページの構成を行った後には、「ワイヤーフレーム」を作成する必要があります。

実際に作成するデザインや、ホームページの骨組みを指しています。ホームページを完成させたらどんな形になるのか、色や装飾などは加えずひとまず配置をしてみるのです。

このワイヤーフレームができていると完成図も想像しやすくなり、デザインを考える段階でも打ち合わせが進めやすくなります。ワイヤーフレームを作成するときには、まずコンテンツの優先順位を考えましょう。

メインの画像やロゴ、タイトル、紹介文、商品の写真など、ホームページを構成する要素はさまざまです。その中でも何を優先したいのかによって、デザインは大きく変わってきます。

ホームページの制作会社でもこの優先したいものをきちんと擦り合わせておかなければ、「何を伝えたいサイトなのか」という部分が分からなくなってしまうこともあります。

優先したいものは、ページの上部・左上に配置をするのが基本になっています。人間の視線は、上から下へ、左から右へ移動することが一般的です。

そのため、Webサイトのほとんどは、ロゴなどの重要なものを左上に配置しているのです。ナビゲーションメニューにおいても、重要なページリンクは、左側に配置するようになっています。

ワイヤーフレームは、手書きで作成することもできますが、ツールを使えば簡単に作成することもできます。手書きと違い、すぐに修正するというメリットがあるので、打ち合わせなどで必要になる場合には導入がオススメです。

ツールは、無料のものから有料のものまで種類はさまざまあるので、自分に合ったものを選んで利用しましょう。オンラインツール・オフラインツールのどちらでも構いません。

Queen beeに見るホームページ作成のTOPへ戻る